Archive for 4月, 2013

4月 28th, 2013

目が三角になった日

先日すごく悲しいことがあって、
客観性を欠いたら心が振り切れそうになり、強制的に第三者性を発生させる行動として
何人かの人に、そのときの姿をそのままPokeで送りつけてしまいました。
強制的にコンテンツ化して、自分の内部だけでの状態を避けざるをえなかったというか。
内容としては、駅のホームにいる私が映っているだけのなんてことない数秒の動画です。

第三者性と言っても
電話やメールなど他の連絡手段だと、実際起こったことや自分の感情を言語で意味化?せざるを得なくなり、
それにはとても耐えれなかったので、消えてしまうことも含め、Pokeさまさまです。
(はた迷惑な行為ですが、受け流してくれそうな人を選んで送ったつもり。)

とは言っても、それで悲しみが解消されるわけもなく、泣きに泣き、
次の日は
目が腫れすぎで三角形になりました。
read more »

4月 21st, 2013

言語は、曖昧YEAH

先日、テバタイプという作品を体験し、しっくり来た体験だったので、その話をちょっと。

どんな作品かというと、各々が任意の言葉を設定して、手旗でその言葉のポーズを作り、
その姿が文字ごとに撮られていて、Gifアニメになるという作品です。

 

例えば、私はYEAHって言葉をタイプしました↓
テバタイプ

 

作った今野さんにしてみれば、私の氣に入っているポイントは意図的ではないかもですが、
自分たちの体を通して、しかも客観的なアーカイブとしても同時に残して、
曖昧な記号(ポーズ)としてだけ各々の言葉を存在させることを、すごく氣に入りました。
さらにループGifアニメであることで、どこがはじめの文字かさえわからないっていうのも。

そして、その体験をいたく氣にいった感じを、もう少し掘り下げるなら、
私は、言語は通じるためにあるものだという前提を確信している人や状況に反感を持ちやすいし、不安を感じやすいっていうのがあって、
そういう部分を突いてくれる、言語ははっきりしているようで記号でしかないという側面を気持ちよく体現できる作品だったからかもしれないです。

意味が伝わらないというか、
そもそも設定が伝えるためですらない、ジタバタしているだけのポーズとしての言葉、いい。

 

テバタイプ>>>

 

4月 11th, 2013

食事×ピアノ

めっきり更新しないまま、春を迎えてしまいました。

一体何をしていたかというと、アレやコレやとあったのですが
ここに記せることとしては、主にPokeにハマったりしていて
日常で巻き起こしているちょっとしたアウトプット事を、各位に送りつけていました。

それらの代表?となるのがこの2つ。

ごはんを咀嚼しているアゴでピアノを弾いたり、

ピアノをテーブルがわりにしてごはんを食べたりです。

何だかうれしいことによき反応をチラホラもらいまして
ついには、音楽家 すずえりさんが私のPokeにインスピレーションを受けた映像作品を
作ったとのこと!

この直感的かつ刹那なコミュニケーションは、
私みたいな自意識こじらせた引っ込み思案にはうってつけのサービスで
USTやらライブやらをそっちのけで、アレコレ送りつけていた次第です。