Archive for ‘Daily’

10月 6th, 2013

ユウ子から電子に

せっかくの休日を地球酔いで潰してしまった…。

地球と毎日くるくる回っているのだから、たまには仕方ないのかも。降りれるものでもないし。

けど、ぐったりし続けるのはもったいない。
どうにかするべく考えたのは、甘いものを食べたらげんきが出るはず&甘いものを食べたい!ということ。

早速、いろいろ買い込んだはいいけど、プリン1口めで、もういい…ってなった。
食べたいと思ってたはずなのに。

実を言うと、最近食事全般について、同じようなことが言える。
これ食べよーってイメージしている段階が1番調子いいし美味しい感じ。
実際に食べだすと、しっくりこないし、あとは空腹感を排除するために体内に入れる作業って感じになっている。

食事以外でもイメージ段階でわりと満たされてしまうものは、ちらほらある。

数年前から、“ユウ子から電子に成長したい”ってたびたび思っている&公言しているけど、ちょっと近づいているのかもしれない。

(肉体から解き放たれて)思考とか感情とかの電気信号だけで、生命として存在できないかな。

 

 

6月 15th, 2013

単位

なんでかさっき、自身の単位を1人ではなく、1つって書いてしまった。
けど、感覚としてしっくりきて訂正せずにそのままでいいんじゃないかと思ったし、
ひと“り”よりひと“つ”の響きの方がいい。

正しさよりも、感覚とのフィット感と音の響きの氣もちよさを重視して言葉を使ったら
話す相手との関係はどんなふうにどのくらい変わるかな。

単位は、その人がそれをどう捉えてるか、すごく出そう。

6月 15th, 2013

こんな出来事に、とか、なにか対象があるわけではなく
この世にあるステキなことの存在を忘れたわけでもないのに
一切すべてをエグく感じるときがある。

知覚ってなんだろ。

6月 14th, 2013

 

ブレて在りたい。

半月ほど前、その願望をまんま撮ってみたら
思いの外、なんだか雰囲気が出てしまったので、戸惑っていました。

 

6月 12th, 2013

小さい川のように

こんな水たまりのような私ではいけない。

小川のような女性になろうとおもう。
小さい川のような、さらさらと流れる女性に。

まずはイメトレだと思い、動画を検索したけれど
プロレスラーやAV女優ばかりでてきて、
私がなろうとしている小川が一向に出てこない。

5月 21st, 2013

私の床は誰かの天井

 

私の床は誰かの天井だということ_

平屋や地上なんかにいる場合以外、そらそうなんですが。

そのことを意識すると、こうして部屋で1人で座っていても誰かの生活状態に物理的に繋がりをもちえる…、
という可能性に思いを馳せてしまい、なんだか新しい心地をもたらしています。

(部屋にいるときばかりか、外出しているときも、自分の床が誰かの天井であることが往々にしてあるわけか。)

 

ただ、相手にその状態を感じさせる時、それは騒音や水漏れなどの何らか障害であることがほとんどで、
私は誰かの望まれざる状態として存在する可能性が高い。
ポジティブな存在として、床と天井の関係を意識させることが少ないことは、なんだかさみしい。

 

そしてそれは、何年も前のこの作品にも通じるような↓

ATATA

 

5月 4th, 2013

涙のわけ

さっき自分でつくったごはんを食べたら、美味しくて涙がでてきました。
自分のごはんが美味しくて泣くなんてwって思ったけど、そんな呑気な状況把握は、すぐに消えました。

涙のわけは別で、
ごはんが美味しいは、ただのトリガーでしかない。

美味しいという感覚で多少なりとも感情が揺さぶられたことで、
別の堰き止めてる感情を発動させたのだとおもう。
(こういう様子メディアで見たことある氣がする、そうかあれはこういうことかと合点もいった)

自分の中のシステムを読み解くことは、私にとって有意義で
読み解くときに要する冷静さが、ときには悲しいこと辛いことから自分を救ってくれるのかもしれません。

5月 1st, 2013

目が三角になった日・追

そういえば、あの日、大粒の涙を流しながらiPhoneを触っていたので
色んなボタンが涙で勝手にタップされちゃって大変でした。

目が三角になった日>>>

大泣きしながらiPhoneを触る時は、氣をつけてください。